新着情報

お客さま事例紹介:玄関前にガスロードヒーティング(融雪設備)

2013年1月11日

ロードヒーティング2.png

花巻市ご在住の佐藤様の玄関からガレージまでの敷地約38㎡に、路面融雪設備である「ガスロードヒーティング」を施工させていただきました。

佐藤様は、毎年広い自宅敷地内の雪かき作業と雪捨て場所に大変ご苦労されていました。家庭用電気除雪機を利用した雪かきもしていらっしゃいましたが、一度湿り気を帯びたり氷ついたりした雪は除雪機では対応できず、しまいには機械が故障してしまう状況でした。

そこで、ロードヒーティングの導入検討を始めた佐藤様は、ガス、灯油、電気のどちらをエネルギー源とするロードヒーティングが最適かを改めて比較し、ガスロードヒーティングの低ランニングコスト面およびメンテナンス性を高く評価していただきこの度の導入となりました。

ロードヒーティングとは

丸片ガスのロードヒーティングは、地面に埋設されたパイプに温水を巡回させ、降る雪を融かす融雪設備です。ガスロードヒーティングは雪かきという寒い季節の大きな手間を省きます。また経済的にそしてとても簡単に使用していただけます。施工は1週間以内には完了いたします。一定の敷設面積以上では他のエネルギー源と比較し低ランニングコストを実現します。また、灯油をエネルギー源にお使い場合でも、ボイラー機器を切り替えるだけで、ガスロードヒーティングに転換することが可能です。

メリット1: 維持管理がとても簡単です

自動制御装置で融雪することで、操作や監視の必要がなく、無人運転ができます。屋内からでもリモコン操作ができます。

メリット2: 低ランニングコスト

車約4台分スペース以上の場合、電気ロードヒーティングよりも低ランニングコストを実現します(弊社試算)。

メリット3: メンテナンス

丸片ガスがアフターメンテナンスを承ります。なお、灯油をエネルギー源とする場合と比較してもススの発生がほとんどないため、バナー掃除等は不要になります。

個人のお客様はもちろん、病院、老人保健施設、セレモニー会場などにも導入していただいています。導入にご興味をお持ちのお客様はお気軽に最寄りの丸片ガスまでご相談ください。

設置工事の模様

 ロードヒーティング3.png

 

ロードヒーティング4.png