新着情報

丸片ガスは、「災害時対応中核充填所」としての体制を構築します

2012年9月12日

丸片ガス北上営業所は、大規模災害時等にLPガスを安定的に供給できる「災害時対応中核充填所」としての体制を構築するための、「被災地域石油ガス安定供給体制整備事業」を担います。

これは、東日本大震災の教訓を踏まえ、災害が起こった場合でも、石油・ガス・LPガス等を安定的に供給できる体制を整備するという国策の一環として、丸片ガス北上営業所内LPガス充填所が、単独でも安定的なLPガス供給が維持されるような体制を構築するものです。弊社は、事業の対象となる要件に適合する施設を保有するとして「平成23年度被災地域石油ガス安定供給体制整備事業費補助金」の支援を受けて、液化石油ガス製造のための施設である「LPガス充填所」を拡充します。

 丸片ガス北上営業所構内にLPガス自家発電設備、自動車充填所用のディスペンサーを新設するとともに、新たに3トン積みLPガス配送車2台とLPガス保安点検車2台、データ送受信可能な衛星通信装置を導入することにより、中核充填所としての機能を整備します。

 丸片ガスは、大規模災害時においても変わらずに、地域の皆様の暮らしをサポートできる体制づくりに一層励んでまいります。