新着情報

丸片ガスは「冷媒回収事業所」に認定されました

2012年7月 6日

 丸片ガスは、一般財団法人日本冷媒・環境保全機構冷媒回収推進・技術センター(RRC)より、「冷媒回収事業所」に認定され、2012510日付にて認定書を受領しました。これは、丸片ガスが、フロン回収・破壊法省令を遵守した「逃がさない・漏らさない」安全で効率的な回収技術を有する信頼あるフロン(冷媒)回収事業者として認定されたものです。

フロン(冷媒)は、地球温暖化の原因となる温室効果ガスです。フロンが成層圏まで上昇するとオゾン層を破壊し、大量の紫外線が地上に降り注がれ、私たちの健康を害する恐れがあります。フロンを使用しているエアコンや冷蔵庫などの機器を廃棄する際には、フロンを完全に回収し、完全に処理することが関連法規にも定められています。

丸片ガスは、フロン回収業務の資格を有する事業者として、適切にフロン回収業務を行うとともに、地域社会にフロンの問題を啓発し、排出防止、回収促進に努めてまいります。また、あらゆる事業活動を通じて、地球環境保全に取り組んでまいります。

認定証.jpg

 

 

 

■フロンについての情報

Q フロンとはどこに使われているのでしょうか?

A エアコンや冷蔵庫などに使われている気体です。

 

Q  どうしてフロンが使われるのでしょうか?

A フロンはエアコンなどの中で液体から気体に変わるときに、まわりの熱をうばって温度を下げる働きをもっています。

 

Qフロンは体に悪いのでしょうか?

A 直接的な悪影響はありません。しかし、フロンを回収しないでエアコンや冷蔵庫を廃棄すると、フロンが大気中に流出し、ゆくゆくオゾン層を破壊してしまいます。また、温室効果ガスとして地球を覆ってしまいます。

 

Q オゾン層が破壊されるとどうなるのでしょうか?

A オゾン層は、私たちを皮膚ガンや白内障、免疫力の低下などの原因となる紫外線から守ってくれています。オゾン層が破壊されてしまうと大量の紫外線が地上に降り注がれ、私たちの健康を害する恐れがあります。またあらゆる生物の生態系にも影響を及ぼします。