会社情報

CSR情報

丸片ガスは、社会の一員としての役割を果たすことが大切だと考えています。
そのため、地域の皆様や社会の皆様に向けた様々な活動を行っております。

災害時のLPガスの供給の体制の強化

丸片ガス北上営業所のLPガス充填所は、全国で144か所、東北6県に24か所指定された「特定事業者」(LPガス中核充填所)の一つとして、災害時には、「災害時石油ガス連携計画」に沿って国家備蓄の受皿、共同配送、共同充てん等の連携を行い、対応することとなりました。

これは政府が2012年11月1日、改正石油備蓄法を施行し、この法律改正で、東日本大震災を踏まえ災害時の石油・LPガス供給に関する体制を強化するものです。
弊社北上営業所は、全国の複数の事業者の備蓄拠点(中核充填所)の中の1拠点として設備を拡充整備し選定に至りました。災害時、被災地域で単独で安定的なLPガスの供給を維持するために、自家発電施設、LPG車、衛星通信施設等を設置して災害対応能力を強化し体制を整えています。

丸片ガスは、地域の皆様に一層のご安心を提供できるよう、特定事業者の任務を遂行し供給体制のさらなる安定化に努めてまいります。

清掃活動を行っています

事務所周辺の清掃活動を定期的におこなっています。

盛岡営業所での活動模様

家庭用燃料電池(エネファーム)大規模実証事業への参加

家庭用燃料電池は、ご家庭でガスから電気を発電し、そのときに発生した熱は給湯や暖房に利用するので、エネルギーを無駄なく利用することができる、高効率で地球環境にも配慮した最新のシステムです。

平成18年度、定置用燃料電池大規模実証事業により燃料電池を実際に社員の自宅に取り付け実証データを提供いたしました。

定置用燃料電池大規模実証事業の詳細はこちら

家庭用燃料電池(エネファーム)を自宅に取り付けた写真